十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

信金特産自販機 4台目は中札内フェーリエンドルフに設置 ジンギスカンや豚丼ボールなど

自販機の設置を喜ぶ(右から)八木専務、米田社長、西取締役

 【中札内】キャピタル・ゼンリン(帯広市、米田健史社長)が運営するグランピングリゾート・中札内フェーリエンドルフ(中札内村南常盤東4線)内に、ジンギスカンなど十勝の特産品が買える自動販売機が登場した。

 同事業は帯広信用金庫が管内事業者をパートナー企業に、特色ある地場産品が買える自動販売機を設置する。事業展開にあたっては公益財団法人・日本財団「わがまち基金」を活用し、事業者応援「十九勝(とくかち)プロジェクト」と銘打ち、コロナ禍の打開や人手不足対策などとして進めている。

 中札内は4カ所目。グランピングなどの利用者のニーズを予想し、味付ロースジンギスカン(1500円、かんの精肉店)や豚丼ボール(1000円、びさん)、北海道フロマージュ(1200円、十勝トテッポ工房)など7品を提供。設置は8月5日で、帯信金の八木智専務理事や米田社長、同社の西麻衣子取締役が見守った。

 同社の志鎌周経営企画室長は「売店は夜8時で閉店するので、利用者の利便性向上につながっている。目立つので立ち止まる人も多く、多い日で2ケタの利用があった」と話している。(佐藤いづみ)

 ◇   ◇   ◇

 グランピングリゾート・中札内フェーリエンドルフでは、レストランのランチ営業もスタートした。志鎌室長は「オリジナル豚丼やポークカレー(各1000円)などがお薦め」と話している。

更新情報

帯南商連打でコールド発進、8―1芽室 夏の高校野球Aブロック準決勝

紙面イメージ

紙面イメージ

6.22(土)の紙面

ダウンロード一括(79MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME