十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

プロの目利きで直営総菜店開店 帯広地方卸売市場

さばきたてのアジのフライや海鮮丼などをPRする(左から)遠藤課長補佐、鎌田さん、太田取締役

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)は2月1日、敷地内にある食品関連センター内に、初の直営総菜店「一鱗(いちりん)」を開設する。さばきたての鮮魚など市場内の旬の食材を使い、手作りを基本に弁当などを販売していく。

 同センター内では地元の事業者がテナントで長年、かまぼこ類や弁当などを販売してきたが、昨年秋に事業が終了し退店。同市場はセンター内に鮮魚や青果などの直営店を持ち、「食材のおいしさを手軽な総菜などを通じ、効果的にPRしたい」(遠藤祐紀・関連センター部鮮魚課長補佐)と以前から考えていた。

 調理は市内食品店の総菜売り場で25年ほど腕を振るってきた鎌田ひとみさん(59)が担当。直営鮮魚店の旬の魚介類を使ったフライや煮物、海鮮丼(日数量限定)、「ファンが多い」(太田茂夫取締役)塩ニンニクから揚げのほか、特製スパイシーカレーなど日替わり弁当3、4種を用意。価格は200円台から800円台までの予定。

 同センターは一般の利用も可能。今年度の売上高が前年比1割増など好調に推移し、太田取締役は「プロの目利きが売り。旬の食材などの販売促進にもつなげたい」と力説する。鎌田さんも「基本的に冷凍品は使わず、お母さんが作るおかずを目指す。横でさばいてすぐに揚げたアジフライなどはふんわり、本当においしい」とPRしている。

 営業時間は午前6時~午後2時半。(佐藤いづみ)

関連写真

  • 直営総菜店あす開店 帯広地方卸売市場 2

    直営総菜店あす開店 帯広地方卸売市場 2

  • 直営総菜店あす開店 帯広地方卸売市場 3

    直営総菜店あす開店 帯広地方卸売市場 3

  • 直営総菜店あす開店 帯広地方卸売市場 4

    直営総菜店あす開店 帯広地方卸売市場 4

更新情報

中学バドミントンの帯一女子が全国へ 個人戦の佐藤、内田・藤川組も

紙面イメージ

紙面イメージ

8.16(火)の紙面

ダウンロード一括(68MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME