十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

カムイロケット回収できず HASTIC

 【大樹】NPO法人北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC)は10日、大樹町多目的航空公園内で行ったCAMUI(カムイ)型ハイブリッドロケット打ち上げ実験で、太平洋上に着水したロケットを回収できなかった。パラシュートなどが作動しなかったため、沈んでしまったとみられる。

 同日午前11時50分ごろ、ごう音とともに大空へ打ち上がったカムイは数分後、鈍い音とともに着水。大樹漁協と捜索したが、機体の回収には至らなかった。

 パラシュートが開かなかった原因について、HASTICの実施責任者・永田晴紀北大教授らは「(これまで以上の)到達高度を狙うあまり、小さい機体に(さまざまな)機能を詰め込み過ぎた」と説明。今後、カムイと同じ形状で、正常にパラシュートが作動したSNSのロケットの事例を基に、より確実な減速装置の開発につなげる。

 カムイは昨年7月の実験で、打ち上げ直後にパラシュートの一部が開いたため、今回、修正した減速技術を確認する予定だった。(関根弘貴)

更新情報

上士幌紹介の本、韓国語に翻訳され出版

紙面イメージ

紙面イメージ

9.23(木)の紙面

ダウンロード一括(118MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME