十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

脊髄損傷、点滴で治療 神経再生「まひ」に光 札医大・山下敏彦付属病院長

 交通事故やスポーツ事故、高所からの転落事故などで脊髄を損傷し、運動まひなどの後遺症に苦しむ患者は全国で年間約5000人が新たに発生するという。現状では有効な治療法はないが、札幌医科大学では山下敏彦教授(付属病院長・整形外科学講座教授)らの研究グループが、脊髄損傷に対する神経再生医療に取り組んでいる。患者自身から骨髄液を取り出し、「骨髄間葉系幹細胞」と呼ばれる細胞を培養した上で患者に点滴で再投...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

地域おこし協力隊2人が着任 士幌

紙面イメージ

紙面イメージ

4.10(土)の紙面

ダウンロード一括(81MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME