十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

今年は中島橋出発で距離延長 7月7日「十勝川イカダ下り」 6月10日から参加チーム募集

応募を呼び掛ける赤本実行委員長

 初夏の川面を涼やかに進む「十勝川イカダ下り」(実行委主催)が7月7日、帯広から音更にかけての十勝川で行われる。52回目の今年は、スタート地点が従来の十勝大橋から中島橋に変わり、コース延長は約7キロ延びて約16キロに。10日から参加チームを募集するのを前に実行委の赤本秋博委員長(69)は「大人から子どもまでいろいろな人に参加してもらいたい」とPRしている。

 ユニークな手作りいかだがそろう恒例行事。コロナ禍での中断を挟み、2022年に再開予定だったが増水で断念。19年以来の開催となった昨年は約60艇、250人が参加した。

 コース変更は、より長い時間を楽しんでもらうため。従来は1時間半から2時間程度でゴールに到着していたが、今回は3時間半程度と見込む。ゴール地点は、これまで通り音更町十勝川温泉の十勝中央大橋。ゴール地点で行っていたジンギスカン販売を休止し、キッチンカーが出店する。

 貸しいかだ(定員4人)は今年も25艇を用意し、先着で1人4000円。通常の手作りいかだは参加料1人2000円。楽しさが伝わる創作仮装いかだに賞を贈るコンテストもある。応募者は、締め切りとなる28日午後7時から帯広市内のとかちプラザで開かれるキャプテン会議(安全講習会)に参加する必要がある。

 赤本委員長は「絶好のスタート地点から、若干蛇行したスリルのあるコースを楽しめる」と話している。


 詳細は事務局ホームページ。問い合わせは、実行委(090・5950・5030)へ。(北村里沙)

関連写真

  • QRコード

    QRコード

更新情報

花火や特別列車運行 お笑いステージも 20、21日にふるさと銀河線りくべつ鉄道まつり

紙面イメージ

紙面イメージ

7.13(土)の紙面

ダウンロード一括(92MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME