十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

空からおうちも見つけたよ 愛国小120周年で熱気球体験

熱気球の搭乗体験をする愛国小の児童ら(4日午前8時10分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

 開校120周年を今年度迎えた帯広愛国小学校(萩原啓司校長、児童25人)で4日、記念事業の熱気球搭乗体験が行われた。青空が広がる穏やかな天候の下、児童たちは空から自分たちの住む地域を眺めて楽しんでいた。

 同校は1904年、私立幸震家庭教授所として開設された。市内では帯広小、西小に次いで歴史が古い。搭乗体験は記念協賛会(中井栄司会長)による記念事業と、同校PTA教養部の親子体験学習の合同イベントとして企画した。

 児童やその保護者、近隣地域に住む人など約80人が参加。帯広の熱気球クラブ「十勝空旅団」が、同校グラウンドにロープで固定した熱気球を操縦した。親子や友だち同士で熱気球に乗り込み、約30メートル上空まで浮遊。恐る恐る下をのぞき込んだり、下で見守る保護者らに手を振ったりしながら約5分間の空中散歩を楽しんでいた。

 高橋睦実さん(6年)は「家や雪に覆われた畑がよく見えた。自分の家も見つけられた」と楽しんでいた。森田りみさん(5年)は「空の上は静かだった。学校の屋根もきれいに見えた」と話していた。

 中井会長は「子どもたちが楽しんでくれるのが一番。めったにできる機会がないことなので、天候が良くてよかった」と話した。(細谷敦生)

関連写真

  • 熱気球に乗って空からの景色を楽しむ愛国小の児童(4日午前9時10分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

    熱気球に乗って空からの景色を楽しむ愛国小の児童(4日午前9時10分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

  • 熱気球の搭乗体験を楽しむ愛国小の児童ら(4日午前8時20分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

    熱気球の搭乗体験を楽しむ愛国小の児童ら(4日午前8時20分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

  • 熱気球に乗って空からの景色を楽しむ愛国小の児童ら(4日午前9時10分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

    熱気球に乗って空からの景色を楽しむ愛国小の児童ら(4日午前9時10分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

  • 熱気球に乗って空からの景色を楽しむ愛国小の児童ら(4日午前8時25分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

    熱気球に乗って空からの景色を楽しむ愛国小の児童ら(4日午前8時25分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

  • 熱気球に乗って空からの景色を楽しむ愛国小の児童ら(4日午前9時10分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

    熱気球に乗って空からの景色を楽しむ愛国小の児童ら(4日午前9時10分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

  • 熱気球の搭乗体験を楽しむ愛国小の児童ら(4日午前8時10分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

    熱気球の搭乗体験を楽しむ愛国小の児童ら(4日午前8時10分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

  • 熱気球の搭乗体験を楽しむ愛国小の児童ら(4日午前8時10分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

    熱気球の搭乗体験を楽しむ愛国小の児童ら(4日午前8時10分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

  • 熱気球の搭乗体験を楽しむ愛国小の児童ら(4日午前8時15分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

    熱気球の搭乗体験を楽しむ愛国小の児童ら(4日午前8時15分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

  • 熱気球に乗って空からの景色を楽しむ愛国小の児童ら(4日午前8時10分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

    熱気球に乗って空からの景色を楽しむ愛国小の児童ら(4日午前8時10分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

  • 熱気球の搭乗体験をする愛国小の児童ら(4日午前8時10分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

    熱気球の搭乗体験をする愛国小の児童ら(4日午前8時10分ごろ、平栗玲香通信員撮影)

更新情報

関心高いが争点に乏しく 投票率は85~90%か~広尾町長選

紙面イメージ

紙面イメージ

4.18(木)の紙面

ダウンロード一括(72MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME