十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

鹿追舞台「おしゃべりな写真館」、帯広で関係者試写会

上映前にあいさつする須永プロデューサー

 鹿追町を中心に十勝管内で撮影が行われた映画「おしゃべりな写真館」の試写会が6日、帯広市内のとかちプラザで開かれ、撮影に協力した企業関係者約50人が来場した。

 舞台は住む人のいない同町内の写真館。2年前に他界した館主の娘の夫である松原雄二(中原丈雄)に、「写真館を譲る」と館主の遺言が届く。写真家だが緑内障を抱える松原は、失意の中で写真館へやってくる。雪のある日、山村留学でこの地に来ていた中学生の吉本麻衣(山木雪羽那)が、写真館の前でうずくまっているところから2人の交流が始まる。鹿追の四季折々の美しい風景がスクリーンに映され、町民も出演している。

 試写会は、映画を広めてもらえればと、同作の制作会社「和ら美(わらび)」(鹿追)が主催した。同社の須永裕之プロデューサーは「景色や人の温かさなど、十勝らしさ満載の作品と自負している。全国の人に見ていただきたい」と話した。

 映画は来年2月23日から、帯広市内のシネマ太陽帯広(西3南11)で先行上映される。(高井翔太)

更新情報

ハンドシグナルなど実践で学ぶ、6人制バレーボール審判講習会 帯広協会

紙面イメージ

紙面イメージ

4.13(土)の紙面

ダウンロード一括(81MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME