十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

毛ガニ漁好転、「大釜ゆで」復活へ 10日の広尾まんぷくまつり

名物の毛ガニの「大釜ゆで」。水揚げが持ち直し、10日の「まんぷくまつり」で久しぶりに行われる(2018年12月)

 【広尾】広尾町観光協会は10日に開催する「広尾まんぷくまつり」(シーサイドパーク特設会場)で、いったんは見合わせた毛ガニの「大釜ゆで」を実施することを決めた。低調だった毛ガニの水揚げが持ち直し、十分な量を確保できる見通しが立った。「新鮮な浜ゆでの毛ガニを楽しんで」とPRしている。

 毛ガニの大釜ゆでは「広尾毛がにまつり」の名物行事。町商工会青年部が直径2メートルの釜で大量の毛ガニを豪快にゆで上げ、毎回、長い行列ができる。

 2020年と21年は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、集客イベントを中止。昨年は毛ガニ漁の不振を受けて釜ゆでを見合わせ、広尾の食を楽しむ「まんぷくまつり」に衣替えした。

 今季の毛ガニ漁は11月25日に水揚げが始まり、序盤は昨年と同様低調な滑り出しに。このため大釜ゆでは断念し今年も「まんぷくまつり」の名称を継続したが、先週末から水揚げが上向き、5日の会議で急きょ大釜ゆでの実施を確認した。

 事務局の町水産商工観光課は「大釜ゆではまつりの名物なので皆張り切っている。毛ガニ目当ての来場者の期待に十分に応えたい」としている。

 開催時間は午前9時~午後1時。大釜ゆでは2回実施する予定。地元海産物の直売、毛ガニ早食い競争もある。問い合わせは同課(01558・2・0177)へ。(能勢雄太郎)

更新情報

帯広花園少男子1部初V 女子同は帯広啓西少初の頂点 ミニバスケ全十勝少年団大会兼全十勝冬季大会

紙面イメージ

紙面イメージ

2.21(水)の紙面

ダウンロード一括(97MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME