十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

GLAY、帯広で「声出し解禁」 1500人歓声で全国ツアースタート

声出し解禁初日となり、盛り上がりを見せるGLAYの帯広公演(ラバーソウル提供)

 函館市出身の人気ロックバンド「GLAY」の全国ツアー初日が2日夜、帯広市民文化ホールで開かれた。国が1月27日に新型コロナウイルスに対するイベント開催の新方針を示し、この日はファンにとって待望の「声出し解禁日」に。さらに帯広公演は2014年12月以来とあって、会場を埋めた約1500人がマスク越しながら熱のこもった歓声を送った。

 6月までに32公演を行う全国ツアー「HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2023-The Ghost of GLAY-」の幕開けを飾る公演。声出しの規定は「マスク着用の上、会話程度の声量での歌唱や一時的な歓声は認める」とした。

 メンバーがステージに現れ、ボーカルのTERUさんが「いくぞ、帯広!」「8年3カ月ぶり!」と叫ぶと総立ちのファンが両手を掲げて歓声を上げた。2月15日にリリースした「THE GHOST」「限界突破」に加え、「SOUL LOVE」「Winter,again」などの人気曲を含めた計21曲を披露。TERUさんが会場にマイクを向けて歌唱を促す場面もあった。

ツアー初日の帯広公演に訪れた神奈川県のGLAYファン

 TERUさんらメンバーは「3年ぶりにみんなの声が聞けてすごくうれしい」「最高の初日」と笑顔。次の公演に向けて、最後に「行ってきます!」と叫ぶと、会場は「行ってらっしゃい!」と応えていた。

 ファン歴25年の辻尾理恵子さん(65)は娘の奈々さん(36)、友人の大濱麻友子さん(47)と神奈川県から初めて帯広へ。「コロナ禍のライブでは拍手しかできなかったので、声が出せることは本当に最高」と喜んでいた。(松村智裕)

関連写真

  • GLAYのギターTAKUROさん(ラバーソウル提供)

    GLAYのギターTAKUROさん(ラバーソウル提供)

  • 歌い上げるGLAYのボーカルTERUさん(ラバーソウル提供)

    歌い上げるGLAYのボーカルTERUさん(ラバーソウル提供)

  • GLAYのベースJIROさん(ラバーソウル提供)

    GLAYのベースJIROさん(ラバーソウル提供)

  • GLAYのギターHISASHIさん(ラバーソウル提供)

    GLAYのギターHISASHIさん(ラバーソウル提供)

更新情報

国際大会でも十勝勢が躍動~冬季スポーツ回顧(3)アイスホッケー編

紙面イメージ

紙面イメージ

4.12(金)の紙面

ダウンロード一括(107MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME