十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

看護学生が患者の異変を察知 月刊誌「クリニカルスタディ」に帯広登場

帯広高等看護学院が掲載された「クリニカルスタディ」12月号をPRする(右から)久保さんと今さん

 看護学生向け月刊誌「クリニカルスタディ」(メヂカルフレンド社)の12月号に、帯広高等看護学院(大瀧雅文学院長)が紹介された。看護学生の実習での出来事などについて、同校の2~3年生5人が語っており、同学院は「看護学生が、知識の習得に励む様子を感じていただければ」としている。

 「クリニカルスタディ」は看護学生の1年生向け雑誌。同学院が特集されたのは、「先輩看護学生の実習での経験や思い出・一年生へのアドバイス」をテーマにした「先輩に聴いてみた~実習STORY FILE」のコーナー。

 登場したのは、学院見学会や高校へのガイダンスなどの広報活動を行うため、今年度に発足した学生のボランティア組織「帯看PR部」のメンバーら。

 部長の久保日真梨さん(2年)は、実習時の観察で患者の手術創の周囲に発赤(はっせき=皮膚が赤くなること)が見つかったことを看護師に報告した体験に触れ、「『あなたの発見と早い報告が全員の看護につながった』と言っていだたき、勇気を出して、報告できて良かった」と説明。

 また、今桃子さん(2年)は、1年生へのアドバイスとして、「『初めてのことで心配』という気持ちを仲間と共有することが大切。自分の気持ちも整理できる」と語っている。

 2人は「自分たちの体験や思いを、うまく伝えられた」などとし、指導教員の鳥羽あゆみさんは「(クリニカルスタディを通じて)コロナ禍でも努力する看護学生の姿を見ていただければ」と話す。特集ページは同学院のホームページにも転載されている。(松岡秀宜)

更新情報

レスリング登竜門の国際大会派遣選手に野口紗英(帯広クラブ)と佐々木すず(同クラブ出)選出

紙面イメージ

紙面イメージ

2.8(水)の紙面

ダウンロード一括(82MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2023年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME