十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

就職マッチングで手間なく採用 「ビズロケとかち」好評

利用が増えている「ビズロケとかち」。採用担当者向けの冊子も作り、活用事例や企業紹介の書き方のポイントを紹介している

 企業の人材不足、採用難といわれる中、十勝管内の企業でも人材確保に頭を悩ます経営者や採用担当者は少なくない。帯広市が運営する企業と求職者のマッチングシステム「ビズロケとかち」では、小規模の企業でも費用と手間をなるべく掛けずに管内外から採用ができるよう機能性を高めており、利用する企業が増えている。

 「ビズロケ-」は、前身の「ジョブ・ジョブとかち」をリニューアルする形で2020年4月に本格的に運用を開始。管内で採用活動を行っている企業が無料で登録でき、求職者にスカウトメッセージを送り、やりとりができる仕組み。

 現在の掲載企業数は、本格開始時より約100社増の274社(10月末時点)で、業種は建設や食品、医療など幅広い。

 企業紹介ページでは、事業内容や今後の展開などを用意して申請、市が承認すると公開される。使い勝手の良さにこだわり、煩雑な手続きがなく、写真なども使いながら自由にページをつくれるのが特徴だ。

 求職者はこれまでに約950人が登録、このうち、現在就職活動をしているのは約360人。毎月20人ほどが新たに登録している。利用者の半数以上がUIJターンで、管内自治体が移住向けの情報発信をするページも用意。企業訪問の際の宿泊費と交通費を最大6万円補助する、市の移住就職応援プランの利用促進にもつなげている。

 「ビズロケ-」は、企業からのオファーが基本となるが、今後は求職者からアプローチするためのリアクション機能を充実させる予定で、双方向性を高めてやりとりを活発にしていく。検索機能やブックマーク機能などもより使いやすく改修を進める。

 市は、スカウトメッセージの送信後の採用結果までは把握していないが、今年度の採用状況を調べるため、来年4月以降、利用企業に対してアンケートを実施する方針。

 市商業労働課は「伝わりやすい文章の書き方や、そもそも何から手を付けたらよいか分からないという場合も支援しているので、気軽に相談してほしい」としている。(大海雪乃)

更新情報

全十勝C4強入り、初戦と準々決勝快勝 全国中学校アイスホッケー大会

紙面イメージ

紙面イメージ

1.28(土)の紙面

ダウンロード一括(83MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME