十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

空き家問題を落語に 帯広出身の立川談吉さん 26日に動画配信

空き家問題がテーマの創作落語を披露した立川談吉さん

 北海道宅地建物取引業協会帯広支部の宅建市民講座で、帯広市出身の落語家、立川談吉さん(40)が、空き家問題を演題に創作落語を披露した。26日午後1時にYouTubeで配信を予定している。

 同支部は「不動産の日」(9月23日)に合わせて、毎年、宅建市民講座を開催しており、昨年から動画も配信している。談吉さんの落語は7日に行われ、同時に動画も収録した。

 社会問題となっている空き家問題は帯広市内でも発生しており、近年、不動産業者への相談も増えているという。自ら台本も手掛けた談吉さんは「デリケートな話であり、いかにもめ事にならないようにするかを考え台本を描いた」と語る。祖父母、親、孫の3世代が登場し、自宅を孫に譲りたい祖父と、譲ってもらった家は解体し、更地にして売却すると主張する孫との会話を、ユニークさを交えた落語に仕上げた。

 談吉さんは「両親と実家について話をすることがあると思うが、話しにくいと感じたら、ぜひ動画を見て参考にしてもらえたら」と話している。

 同支部は「相続やぼろぼろになった空き家など相談は増えている。講座を見て、家族で話し合うきっかけになれば」とPRしている。(完戸雅美)

関連動画

  • 空き家問題を落語に 帯広出身の立川談吉さん 26日に動画配信

関連写真

  • 空き家問題テーマの落語を収録した談吉さん

    空き家問題テーマの落語を収録した談吉さん

更新情報

「思い出の鉄路 十勝の廃止駅」 広尾線編3 愛国駅

紙面イメージ

紙面イメージ

12.4(日)の紙面

ダウンロード一括(74MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME