十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

芽室出身・永原選手「パリで力出し切る」 新たな気持ちで前へ、地元愛も語る バドミントン

「パリで全力を出し切りたい」。東京五輪を経て新たな気持ちで向かう永原和可那選手

 東京五輪の激闘から1年2カ月。同五輪のバドミントン女子ダブルスに出場した芽室町出身の永原和可那選手(26)=北都銀行-青森山田高、芽室中出=はベスト8に終わった悔しさを糧に、2024年のパリ五輪へ新たな気持ちで前に進んでいる。自国開催での金メダルの目標を掲げ、数年かけて厳しい準備を重ねた。レベルの高い日本で代表をつかむために重圧とも戦ってつかんだ東京の舞台。パリに向けて来年5月から1年間かけて代表権を争うオリンピックレースが再び展開される。「東京では力を出せずに終わった。オリンピックで出し切りたい気持ちが大きい。パリでも金メダルを目指すが、東京とは気持ちが違い、全力を尽くした上で結果が付いてくればと思っている」と心境を語った。

 永原選手は札幌市出身の松本麻佑選手(27)=北都銀行-とわの森三愛高、厚別南中出=と組み、18、19年の世界選手権では日本勢として初めて2連覇を達成した。身長が170センチの永原選手、177センチの松本選手は日本では珍しい大型ペア。強烈な攻撃力と磨いてきたレシーブ力で世界一に輝いた。21、22年の同選手権も3位に入り、4大会連続(20年は新型コロナウイルスの影響で中止)でメダルを獲得している。

 東京五輪では金メダルの有力候補でもあったが、準々決勝で韓国ペアに1-2と惜敗。無念の涙を流した。思い入れが強かった分、「すぐに次の目標を考えるのは無理だった。2週間ほど休んでいる間に自分の本心と向き合い、やっぱりもう1回戦いたいとの気持ちになった」と振り返る。

 松本選手とのペアを続行したが、永原選手は五輪前に痛めていた右肩に加え、左足のふくらはぎの肉離れと故障が続き半年ほどバドミントンができなかった。大会復帰は今年の5月。現在は問題ないという。

 「来年のオリンピックレースに向けて、今は一つ一つ目の前の大会で自分たちの形をつくりあげている最中。ベストのパフォーマンスを出して、課題と向き合い、また試合で力を出し切ることをすごく大事にしている」と話す。

 慌ただしい日々の間を縫って、16日に帰勝し、足寄と浦幌で連日バドミントン教室に参加。17日、足寄町内で取材に応じた。「足寄はおばあちゃんの家もあるし、十勝に戻るのが一番リラックスできる」と笑顔で地元愛を語った。19日に十勝を離れ、今後は来月に栃木で行われる国体を経て、デンマークなど欧州遠征に向かう。(北雅貴)

関連写真

  • 「パリで全力を出し切りたい」。東京五輪を経て新たな気持ちで向かう永原和可那選手

    「パリで全力を出し切りたい」。東京五輪を経て新たな気持ちで向かう永原和可那選手

  • 「パリで全力を出し切りたい」。東京五輪を経て新たな気持ちで向かう永原和可那選手

    「パリで全力を出し切りたい」。東京五輪を経て新たな気持ちで向かう永原和可那選手

更新情報

町内の子どもたちが交流 新得

紙面イメージ

紙面イメージ

11.28(月)の紙面

ダウンロード一括(100MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME