十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

洪水発生防止へ既存ダム活用 十勝川水系河川整備計画で素案

 帯広開発建設部は十勝川水系河川整備計画の変更(素案)を取りまとめた。計画期間をおおむね30年とし、洪水等の発生防止に向けて既存ダムを活用し、容量再編や堤体のかさ上げによる洪水調節容量の確保などを具体策として盛り込んだ。

 16日に開かれた第13回十勝川流域委員会で素案が示された。

 素案では、気候変動への対応や流域治水、グリーンインフラ、生態系ネットワーク形成など...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

「全力で戦う」全国小学生バドミントン選手権出場選手教育長に意気込み

紙面イメージ

紙面イメージ

12.6(火)の紙面

ダウンロード一括(86MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME