十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

「任梟盧」の一般公開始まる、初日は16人来場 音更

 【音更】音更町出身の評論家草森紳一(1938~2008年)が生前、音更町内に建てた書庫「任梟盧(にんきょうろ)」(木野大通東5)の一般公開が11日から始まった。初日は十勝管内から16人が訪れ、大量の書籍に囲まれた空間に触れた。

 任梟盧は、これまで遺族ら関係者によって管理されていたが、老朽化が進行し、一部で雨漏りなどもあった。東京都在住の遺族から依頼を受けた帯広市在住の会社役員...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 一般公開された「任梟盧」を見学する来場者ら

    一般公開された「任梟盧」を見学する来場者ら

更新情報

バルーンマンション倒壊も“助っ人”の協力で確保にめど 陸別・しばれフェス

紙面イメージ

紙面イメージ

1.30(月)の紙面

ダウンロード一括(112MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME