十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

熱い戦いに境内沸く 大正神社で奉納プロレス

鎮座100年を記念した奉納プロレスも行われた大正神社秋季例大祭

 大正神社(筒井洋一宮司)の秋季例大祭が8日、帯広市大正本町の同神社境内で行われ、鎮座100年を記念した奉納プロレスも披露。躍動感と力強さを兼ね備えた選手たちの試合が、地域住民らを魅了した。

 奉納プロレスは、帯広市が市民によるまちづくりの活動費を補助する「市民提案型協働のまちづくり支援事業」(愛称・Mottoおび広がるプロジェクト)の一つとして、帯広大正プロレスプロジェクト(池守孝一代表)が主催。大正出身の池守代表(41)がリングアナウンサーを務めていた、札幌を拠点に活動する「北都プロレス」を招いた。

 この日はシングル戦、タッグ戦、バトルロワイヤルの計5試合が行われ、熱戦の数々に地域住民ら約150人も満足げ。張り手の打ち合いには手拍子も起き、大技が決まるたびに子どもたちの歓声が上がった。

 例大祭では、大正宮神楽が披露されたほか、ビンゴ大会も行われた。(松岡秀宜)

関連動画

  • 熱い戦いに境内沸く 大正神社で奉納プロレス

関連写真

  • 鎮座100年を記念した奉納プロレスも行われた大正神社秋季例大祭

    鎮座100年を記念した奉納プロレスも行われた大正神社秋季例大祭

更新情報

「思い出の鉄路 十勝の廃止駅」 広尾線編3 愛国駅

紙面イメージ

紙面イメージ

12.4(日)の紙面

ダウンロード一括(74MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME