十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

本別きらめきタウンフェス3年ぶり開幕 特産品販売などにぎわう

地元産の新鮮な野菜などを買い求める来場者(3日午前11時半ごろ)

 【本別】第26回本別きらめきタウンフェスティバル(実行委主催、十勝毎日新聞社など共催)が3日、本別町内の利別川河川敷特設会場で始まった。新型コロナウイルスの影響で中止が続き、3年ぶりの開催。町内最大のイベントは4日まで、地元産野菜の販売やグルメ、ステージショーなど多彩なプログラムが展開される。

 初日は晴れて穏やかな天候の中、午前11時に開幕。屋台が並ぶ「うまいもの市」では、来場者が楽しみながら品定めしていた。友好都市の徳島県小松島市と釧路管内白糠町の物産市も人気。JA本別町青年部はダイコンやキャベツ、ニンニクなどを販売。帯広市の公務員寺嶋優佑さん(29)は長男絃斗ちゃん(3)と訪れ、ゆでトウモロコシを購入。「おいしそうな食べ物ばかり。近くの本別公園で遊んで、午後に戻ってステージの出し物を楽しみたい」と喜んでいた。

 正午からは町営農指導対策協議会(会長・佐々木基裕町長)が、町特産の大豆や砂糖、牛乳のセットを無料で先着1000個配布。多くの人が列を作った。午後7時半から東十勝花火大会が行われる予定。

 最終日4日は午前9時半からのポニーばん馬レースを皮切りに、同11時~午後2時は子どもの来場者撮影会「とるね」が行われる。同2時からは紅白歌合戦出場の三山ひろしさん、元AKB48の岩佐美咲さんが出演するHBC歌謡ショーも。キャラクターショー「暴太郎戦隊 ドンブラザーズ」も午前11時と午後0時半の2回実施される。閉会は午後4時半。

 新型コロナウイルス対策として、入退場口を別々にし、飲食エリアを初めて限定して設けるなどしている。(北雅貴)

関連動画

  • 本別きらめきタウンフェス3年ぶり開幕 特産品販売などにぎわう

関連写真

  • 地元産の新鮮な野菜などを買い求める来場者(午前11時半ごろ)

    地元産の新鮮な野菜などを買い求める来場者(午前11時半ごろ)

  • 焼いたトウモロコシや地元産の新鮮な野菜などを買い求める来場者(午前11時半ごろ)

    焼いたトウモロコシや地元産の新鮮な野菜などを買い求める来場者(午前11時半ごろ)

  • 焼いたトウモロコシや地元産の新鮮な野菜などを買い求める来場者(午前11時半ごろ)

    焼いたトウモロコシや地元産の新鮮な野菜などを買い求める来場者(午前11時半ごろ)

  • 焼いたトウモロコシや地元産の新鮮な野菜などを買い求める来場者(午前11時半ごろ)

    焼いたトウモロコシや地元産の新鮮な野菜などを買い求める来場者(午前11時半ごろ)

  • 地元産の新鮮な野菜などを買い求める来場者(午前11時半ごろ)

    地元産の新鮮な野菜などを買い求める来場者(午前11時半ごろ)

更新情報

友好都市広尾のウッドランタンを芽室でも 12月4日にワークショップ

紙面イメージ

紙面イメージ

11.28(月)の紙面

ダウンロード一括(100MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME