十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

豊漁願い・・・秋サケ定置網漁スタート 大樹で初水揚げ

水揚げされたサケを選別する漁業者(2日、午後0時20分ごろ、大樹漁港で。金野和彦撮影)

 【大樹】十勝沿岸漁業の主力・秋サケの定置網漁が2日にスタート、大樹町内の大樹漁港では早速、初水揚げがあった。漁は11月下旬まで行われる。

 十勝沿岸の解禁日は8月30日だが、近年の不漁を背景に増殖事業を考慮、採卵用親魚を確保するため漁協側が自主的に網入れを控えた。自主規制は昨年に続く措置。

 管内3漁協(大津、大樹、広尾)で計23カ統が操業。このうち大樹漁協(神山久典組合長)では同日、所属する漁船が明け方に網を仕掛けて午前11時ごろに再出港、正午過ぎには帰港し、銀色に輝くサケを次々と市場に運び込んだ。初日の水揚げ量は昨年並みの3・9トン。伊藤浩二専務は「6年も不漁が続いているので、今年こそ豊漁を願いたい。少しでも回復してくれたら」と話していた。

 昨季の管内の秋サケ漁は、海水温の上昇に伴う回帰率の低下に赤潮が重なり、漁獲尾数は過去10年で2番目に低い31万8159匹(1125トン)にとどまった。十勝を含む「えりも以東・西部地区」の今季の来遊数は、昨年実績比57・6%増の101万9000匹と予想されている。(能勢雄太郎)

関連動画

  • 豊漁願い・・・秋サケ定置網漁スタート 大樹で初水揚げ

更新情報

ローソンの本間さんに2度目の感謝状 特殊詐欺未然防止で池田署

紙面イメージ

紙面イメージ

11.27(日)の紙面

ダウンロード一括(61MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME