十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

から松のサトウが工場新設 道産材の需要増、より太い原木に対応 総事業費6億円

 から松のサトウ(帯広市、松永秀司社長)は、道産材の需要増に対応するため、敷地内に工場を新設する。総事業費は約6億円で、9月下旬着工、来年2月末までの完成を目指している。

 昨年来続く、世界的な木材の供給不足と価格高騰によるウッドショックにより、道内では道産材の活用が進んでいる。ただ、道内の森林資源は成熟し、需要に対応するためにより太い原木を使用しなければならない状況にある。


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • から松のサトウが工場新設 道産材の需要増対応 総事業費6億円 来年2月末完成へ 2

    から松のサトウが工場新設 道産材の需要増対応 総事業費6億円 来年2月末完成へ 2

  • 敷地内に工場を新設するから松のサトウ

    敷地内に工場を新設するから松のサトウ

更新情報

町内会加入率アップのヒント探る 音更

紙面イメージ

紙面イメージ

12.1(木)の紙面

ダウンロード一括(109MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME