十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

今年度第1号は中央大の三枝さん 広尾ワーキングホリデー

角倉さんが経営する牧場で農村生活を体験している三枝さん

 【広尾】広尾町の「ふるさとワーキングホリデー」の受け入れが始まり、今年度の第1号として中央大学商学部4年の三枝美晴さん(23)が町内野塚の角倉円佳さん(39)の牧場「マドリン」(搾乳頭数・55頭)に短期就業し、農村生活を体験している。「子牛がかわいい」と笑顔で語る三枝さんは、受け入れ期間中、地域のイベントにも参加する。

 町と町内産業団体で組織する「広尾町活き生きプロジェクト」(会長・村瀬優町長)の事業。今年度は8~11月の4カ月間、町内の酪農家、水産加工業者、木工場などがそれぞれ2、3週間程度受け入れる。

 三枝さんは1~21日に滞在し、朝夕の搾乳、給餌、子牛のほ育などを体験。1週間が経過し作業にも慣れたが、「餌や敷料など重い物ばかり。想像以上の重労働」と語る。農作業の合間には、地域の女性酪農家グループと交流。14日の仮装盆踊り大会にはJAチームの一員として出場する。

 実際の酪農現場では、新しい発見の連続。「広尾の人は優しく、とても楽しい。重労働を女性1人でこなす角倉さんは尊敬してしまう。将来は1次産業に関わる仕事に就きたい」と話している。

 体験実習生を積極的に受け入れている角倉さんは「酪農を身近に感じて、1次産業のイメージが高まればうれしい」と述べていた。(能勢雄太郎)

関連写真

  • 今年度第1号は中央大の三枝さん 広尾ワーキングホリデー 2

    今年度第1号は中央大の三枝さん 広尾ワーキングホリデー 2

  • 今年度第1号は中央大の三枝さん 広尾ワーキングホリデー 3

    今年度第1号は中央大の三枝さん 広尾ワーキングホリデー 3

  • 今年度第1号は中央大の三枝さん 広尾ワーキングホリデー 4

    今年度第1号は中央大の三枝さん 広尾ワーキングホリデー 4

更新情報

十勝管内、気温下がる、5カ所で氷点下、帯広で初霜&初氷

紙面イメージ

紙面イメージ

10.6(木)の紙面

ダウンロード一括(111MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME