十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ポロシリ「入宇田尚樹 セルリー栽培と稲わら」

 ビニールマルチの有無によって、作物の生育の違いをまざまざと見ることがある。一般的にほ場の土面を資材で覆うことをマルチングという。その効果は、地温保持・土壌乾燥と病害の防止・雑草の抑制・施肥などに見られ、現在おいてマルチング資材の主流はビニールである。

 かつて帯広農業高校でのセルリー栽培のマルチング資材は、伝統的に「稲わら」であった。収穫後の畑にすき込まれ、土に還元されていた。冷...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

藤丸へ感謝込め シャッターアート 近くの洋品店「ONE WEEK」

紙面イメージ

紙面イメージ

8.19(金)の紙面

ダウンロード一括(128MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME