十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

まつもと薬局が運営のデイサービス施設で嚥下障害の勉強会

 まつもと薬局(帯広市、松本健春社長)は、同社が運営する福祉施設の従業員を対象に「嚥下(えんげ)障害」についての勉強会を開き、嚥下障害予防の知識と技術の習得に取り組んでいる。

 嚥下障害とは、口の中にあるものを飲み込みづらくなってしまう状態を指し、一般的に嚥下障害には60代前後から陥りやすくなることが多い。また、一度障害が起きると治療をしても大半は完治しないと言われている。
...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 嚥下障害予防のトレーニングをするNeoRehaの従業員ら

    嚥下障害予防のトレーニングをするNeoRehaの従業員ら

  • 嚥下障害の勉強会で熱心に話を聞くNeoRehaの従業員ら

    嚥下障害の勉強会で熱心に話を聞くNeoRehaの従業員ら

更新情報

藤丸へ感謝込め シャッターアート 近くの洋品店「ONE WEEK」

紙面イメージ

紙面イメージ

8.19(金)の紙面

ダウンロード一括(128MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME