十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

津波ハザードマップの作成作業開始 広尾

 【広尾】広尾町は新たな津波浸水想定の公表を受けて、津波防災ハザードマップの見直し作業に着手した。広尾町内では管内最大となる25・4メートルの津波が想定されており、住民の意見を反映してまとめる。新しいマップは今年度中に作成し全戸配布する。

 現行のハザードマップは2012年度の浸水想定に基づき作成。道は昨年、道太平洋沿岸の津波浸水想定を公表、広尾は最大12・5~25・4メートルで、...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 新しいハザードマップの作成に向けて開かれた住民ワークショップ(6月25日、音調津総合センター)

    新しいハザードマップの作成に向けて開かれた住民ワークショップ(6月25日、音調津総合センター)

  • 津波ハザードマップの作成作業開始 広尾 3

    津波ハザードマップの作成作業開始 広尾 3

更新情報

生徒ら畑でヒマワリアートに挑戦 更別農業高 来月上旬に完成

紙面イメージ

紙面イメージ

8.14(日)の紙面

ダウンロード一括(63MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME