十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

新得発電所が完成 北電が新設

営業運転を開始した新得発電所(写真は発電機

 【新得】北海道電力が建設した水力発電の新得発電所(新得町トムラウシ278)の竣工(しゅんこう)式が14日、同所で開かれ、施設の完成と無事に営業運転を開始したことを祝った。

 同発電所の新設は、1956年に建設した十勝川水系の上岩松発電所1号機の老朽化に伴うもの。再生可能エネルギーの利用拡大を目指し、発電には未利用だった融雪期の放流水も活用して最大出力を増加させることが目的。19年4月に着工、6月1日から営業運転を開始した。

 建設に当たり、新発電所の建屋を旧発電所の横に設置することで、取水堰(せき)、導水路、放水路などは旧発電所のものをそのまま生かした。

 新発電所では、未利用だった融雪期に増水した放流水も発電に使い、最大出力が3100キロワット増の約2万3100キロワットとなった。旧発電所の施設は撤去し、1号機の水車ライナはモニュメントとして、町公民館前に設置されている。

 式には、国や道、町、工事関係者など約50人が出席。神事の後、出席者による見学会が行われた。

 その後、会場を町公民館に移し祝賀会が開かれた。北電の原田憲朗常務は「計画から発電開始まで約7年半かかり、さまざまな人たちにお世話になった。電力の安定供給と、地元に愛される発電所であり続けるよう努力していく」と述べた。(平田幸嗣)

関連動画

  • 新得発電所が完成 北電が新設

関連写真

  • 祝賀会であいさつする原田常務

    祝賀会であいさつする原田常務

  • 玉串をささげる原田常務

    玉串をささげる原田常務

  • 安全を祈願する出席者

    安全を祈願する出席者

  • 水車ライナに水が流れてくる水圧管路。直径は2.7メートルある。写真左から流れてきて、右にある水車ライナを回す

    水車ライナに水が流れてくる水圧管路。直径は2.7メートルある。写真左から流れてきて、右にある水車ライナを回す

  • 新得発電所が完成 北電が新設 6

    新得発電所が完成 北電が新設 6

  • 安全を祈願する浜田正利新得町長

    安全を祈願する浜田正利新得町長

  • 左の建物が発電機などがある建物。発電機は地下2階、水車ライナは地下3階にある。上流部の上岩松取水堰から導水路を通り、写真右の山の斜面にある水圧管路から水車ライナに流れる

    左の建物が発電機などがある建物。発電機は地下2階、水車ライナは地下3階にある。上流部の上岩松取水堰から導水路を通り、写真右の山の斜面にある水圧管路から水車ライナに流れる

  • 写真中央の軸は水車ライナと発電機につながっている。下に水車ライナがあり、上の階にある発電機を回す

    写真中央の軸は水車ライナと発電機につながっている。下に水車ライナがあり、上の階にある発電機を回す

更新情報

健康ポイント事業の手続き サツドラでも受け付け 中札内

紙面イメージ

紙面イメージ

8.17(水)の紙面

ダウンロード一括(76MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME