十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

デフ五輪銀メダル長原さん引退 帯広出身・バドミントン競技

デフリンピック・ブラジル大会の銀メダルを手にする長原さん。現役引退の意向を示した

 【東京】5月にブラジルで開かれた聴覚障害者のオリンピックと称される「デフリンピック」のバドミントン競技混合団体で銀メダルを獲得した、帯広市出身の長原茉奈美さん(28)=埼玉県在住=は6日に都内で十勝毎日新聞の取材に応じ、現役引退の意向を示した。長原さんは「最後の大会で自分の力を出し切り、後悔はない。競技生活に満足している」と話した。

 長原さんは帯広聾学校小学部、同中学部、帯広大谷高、道教育大釧路校卒。デフリンピックは初出場のトルコ大会(2017年)で女子シングルス銅メダルを獲得した。引退について、「ブラジル大会が一つの区切りと考えていた」と説明した。

 18年にゼンリンデータコム(東京)にアスリート雇用され、時短勤務や移動費支援など競技に集中できる環境が整った。居住地で練習拠点のある埼玉県朝霞市の支援も受け、競技を続けてきた。

 ブラジル大会について、「混合団体で銀メダルを獲得でき、うれしい。前回大会でメダルを獲得し、会社からのプレッシャーを感じていたが、それが力にもなった」と笑顔で語る。

 混合団体(3戦先勝方式)の準決勝・韓国戦は、2連敗と追い詰められてから2連勝する展開に。決勝進出は、長原さんと沼倉千紘選手による女子ダブルスの結果に委ねられた。「プレッシャーは感じなかった。勢いもあり、勝てる自信があった」と白星を挙げ、銀メダル獲得に大きく貢献した。女子シングルス、女子ダブルスにも出場したが、メダルに届かなかった。

 競技以外で障壁となったのが、新型コロナウイルス。感染拡大当初は半年間、体育館での練習ができなかった。集大成と位置付けていたブラジル大会は1年延期され、モチベーションを保つのが難しかった。それでも、「レベルアップできる期間になると、ポジティブに考えるようになった」と振り返る。コロナの影響は大会期間中も続き、関係者が相次ぎ感染した日本選手団は途中で出場辞退を余儀なくされた。

 ゼンリンデータコム総務部で購買業務を担当し、引退後の目標は「模索中。しばらくは仕事に集中したい」とする。同社の田所佳子広報宣伝室長は「競技に集中できるよう全力でサポートしてきた。メダルを獲得し、会社の代表として誇りに思う」と話している。
(池谷智仁)

関連写真

  • 銀メダル

    銀メダル

更新情報

生徒ら畑でヒマワリアートに挑戦 更別農業高 来月上旬に完成

紙面イメージ

紙面イメージ

8.14(日)の紙面

ダウンロード一括(63MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME