十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

初代住職の歌碑を建立 新得寺

 【新得】今年、開創120年目を迎えた新得寺(新得町西1南3、清野太禅住職)は、節目を記念し、境内に寺標(寺の名前が彫られた石柱)と同寺初代住職、清野萬丈和尚の歌碑を建立した。8日には参詣者約110人が出席して除幕式が開かれ、4代目の現住職、清野太禅さん(70)は「何よりの勝縁(しょうえん)と受け止め、無上の喜び」と話した。

 同寺は、1903(明治36)年5月、帯広の永祥寺住職...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 寺標と歌碑の除幕開眼式に参詣した関係者

    寺標と歌碑の除幕開眼式に参詣した関係者

  • 本堂門前に建てた寺標「曹洞宗新得寺」

    本堂門前に建てた寺標「曹洞宗新得寺」

更新情報

遠景近景「白雲山から望む然別湖 上士幌」

紙面イメージ

紙面イメージ

8.13(土)の紙面

ダウンロード一括(88MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME