十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

陸自、消防、警察、海保が初の合同イベント

迷彩服姿でバイクにまたがり、写真撮影を楽しむ来場者ら

 自衛隊帯広地方協力本部(内山信吾本部長)は14、15の両日、よつ葉アリーナ十勝の駐車場で自衛隊・警察・消防・海上保安庁合同イベント「お仕事体験見学会」を開いた。

 それぞれの仕事の魅力を伝えることが目的で、管内4機関による合同イベントは初めて。同本部が2年前から計画していたが、新型コロナウイルスの影響を考慮し、開催時期を見計らっていた。

 会場には帯広署のパトカーや白バイ、とかち広域消防局のはしご車、陸上自衛隊第5旅団の野外炊飯専用トレーラーなど「働く車」が勢ぞろい。広尾海上保安署は操船などを体験できるVR(仮想現実)ゴーグルを用意した。

 15日は親子連れが大勢訪れ、車両やバイクに乗ったり、陸自の迷彩服を着用するブースなどが人気を集めた。家族4人で音更町から訪れた谷川陽向ちゃん(3)は「消防車がかっこいい」と大喜びしていた。

 同本部の仮谷直柔(なおなり)十勝地区隊長は「好評だったので、来年度以降も同様のイベントを続けたい。就職に向けた合同説明会も開くことができれば」と話していた。(松村智裕)

関連写真

  • 消防隊員の用具を体験で身に着ける来場者

    消防隊員の用具を体験で身に着ける来場者

  • はしご車をバックにホースを持って記念撮影する来場者

    はしご車をバックにホースを持って記念撮影する来場者

  • 広尾海上保安署のブース

    広尾海上保安署のブース

  • 迷彩服を着てバイクにまたがる来場者

    迷彩服を着てバイクにまたがる来場者

  • はしご車と記念撮影する来場者

    はしご車と記念撮影する来場者

  • 白バイにまたがって写真撮影する来場者

    白バイにまたがって写真撮影する来場者

更新情報

「ポテトキッシュカレー風味」 たんぱく調整粉レシピコン 梶さんグランプリ

紙面イメージ

紙面イメージ

7.4(月)の紙面

ダウンロード一括(131MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME