十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

北京五輪旗手のスピードスケート郷亜里砂、第一線退く意向「やり切った」

郷亜里砂(アフロスポーツ・JSF提供)

 2月の北京五輪で日本選手団の旗手を務めたスピードスケート女子の郷亜里砂(34)=イヨテツ-山梨学院大、白樺学園高出=が第一線を退く意向であることが10日、分かった。

 郷は根室管内別海町生まれ。上西春別小、上西春別中を経て白樺学園高に進学した。主に500メートルで活躍。20代後半に急激に成長し、平昌(ピョンチャン)五輪シーズンの2017-18年には、ワールドカップ(W杯)で国際大会で初めてとなる表彰台に、4度上がった。

 30歳で迎えた同五輪に初出場し、500メートルで8位に入賞した。1000メートルは13位。同五輪後に一時引退したが1年で現役復帰。北京五輪代表の座をつかみ、500メートル15位。「全てを出し切った結果。やり切った気持ちの方が大きい」とコメントした。

更新情報

「表現力大事に」 元米新体操ナショナルコーチ篠原さん 帯広のクラブ選手を指導

紙面イメージ

紙面イメージ

7.1(金)の紙面

ダウンロード一括(95MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME