十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

カラス営巣連絡を 電線に触れ停電の可能性 北電

 北海道電力ネットワークは、雪解け時期から始まるカラスによる電柱への巣作りを警戒し、発見した場合は北電に情報提供するように呼び掛けている。

 カラスの巣作りは繁殖期と重なる4~6月ごろに盛んになる。巣にはハンガーや針金などの金属が使われることもあり、電線に触れると、漏電し停電する可能性がある。2020年には、帯広市内の140戸でカラスの巣が電線に接触したことが原因とみられる停電が...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 帯広市内の電柱に作られたカラスの巣(写真中央)。

    帯広市内の電柱に作られたカラスの巣(写真中央)。

更新情報

「二度と戦争をしてはいけない」 東士幌小で平和学習 音更

紙面イメージ

紙面イメージ

6.30(木)の紙面

ダウンロード一括(104MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME