十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

鈴蘭公園の夜桜ライトアップ開始 音更

ライトアップされた夜桜を鑑賞する来園者(25日午後7時ごろ)

 【音更】花見の名所として知られる音更町の鈴蘭公園(町鈴蘭公園2)で25日夜、夜桜ライトアップ(音更町商工会青年部主催)が始まった。見物客が次々と訪れ、幻想的な雰囲気を満喫した。

 同青年部が2000年から実施している。今年も音更電業協会(大塚秀行会長、会員9社)と町内の小枝産業(小枝秀則代表)の協力を得て、日中に公園内に発電機1台を持ち込み、100ワットと150ワットのLED照明を各20基設置した。

 公園内のサクラは、日当たりがいい南側を中心に開花しており、現時点では八分咲き程度。この日のライトアップは午後7時に始まり、早速家族連れやカップル、友人同士などがスマートフォンで撮影を楽しんでいた。

 同公園付近に住む会社員の田中香織さん(49)は、鈴蘭小学校3年生の夢歩さん(8)とジョギングの途中に2人で訪れ、「明るくてきれい」と喜んでいた。また、町内の保育士後藤未夢さん(22)と、友人で帯広市内の自営業大槻菜月さん(29)は「少し寒いけど、すごいきれいで仕事の疲れも吹き飛ぶ」と話していた。

 ライトアップはサクラが散るまで数日間行う予定。点灯時間は午後7時~同9時。天候やサクラの状況によっては早めに終了する場合もある。(内形勝也)

帯広は満開に
 帯広測候所は25日、帯広のサクラが満開になったと発表した。1953年の統計開始からもっとも早く、平年より10日、昨年より2日早かった。過去の最も早い記録は1998年の4月26日。同日午前10時20分ごろ、同測候所内の標本木(エゾヤマザクラ)を観察し、満開の基準となる約8割の花が開いているのを確認した。

関連動画

  • 鈴蘭公園の夜桜ライトアップ開始 音更

関連写真

  • 花見をする人々(26日午前11時ごろ、帯広緑ケ丘公園で。柳田輝撮影)

    花見をする人々(26日午前11時ごろ、帯広緑ケ丘公園で。柳田輝撮影)

  • サクラを眺めながら散歩する園児たち(26日午前10時半ごろ、帯広市内のトテッポ通で。柳田輝撮影)

    サクラを眺めながら散歩する園児たち(26日午前10時半ごろ、帯広市内のトテッポ通で。柳田輝撮影)

  • 散歩中に川を眺める人々(26日午前10時ごろ、帯広市大通の帯広川沿いで。柳田輝撮影)

    散歩中に川を眺める人々(26日午前10時ごろ、帯広市大通の帯広川沿いで。柳田輝撮影)

  • 十勝川河川敷に立つサクラの巨木(26日午前10時ごろ、音更町木野大通の河川敷で。柳田輝撮影)

    十勝川河川敷に立つサクラの巨木(26日午前10時ごろ、音更町木野大通の河川敷で。柳田輝撮影)

  • サクラの下で記念撮影する園児たち(26日午前11時ごろ、帯広緑ケ丘公園で。柳田輝撮影)

    サクラの下で記念撮影する園児たち(26日午前11時ごろ、帯広緑ケ丘公園で。柳田輝撮影)

  • サクラの下、犬を散歩する男性(26日午前11時ごろ、帯広緑ケ丘公園で。柳田輝撮影)

    サクラの下、犬を散歩する男性(26日午前11時ごろ、帯広緑ケ丘公園で。柳田輝撮影)

  • サクラを眺める人々(26日、午前11時ごろ帯広緑ケ丘公園で。柳田輝撮影)

    サクラを眺める人々(26日、午前11時ごろ帯広緑ケ丘公園で。柳田輝撮影)

  • サクラの下を散歩する人々(26日午前11時ごろ、帯広緑ケ丘公園で。柳田輝撮影)

    サクラの下を散歩する人々(26日午前11時ごろ、帯広緑ケ丘公園で。柳田輝撮影)

更新情報

フリーペーパー「かむかむ」100号突破 NPO上士幌コンシェルジュ

紙面イメージ

紙面イメージ

1.29(日)の紙面

ダウンロード一括(64MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME