十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

十勝文化賞に鳥井さん「創作活動は生きがい」 奨励賞は劇団パズル

「創作は体の一部」と語る鳥井さん

 NPO十勝文化会議(林光繁理事長)は17日、「第35回十勝文化賞」の受賞者を発表した。十勝文化賞は、帯広市民文芸編集委員などを務めた鳥井綾子さん(76)=芽室町=、十勝文化奨励賞は親と子のミュージカル「劇団パズル」が選ばれた。十勝文化特別賞は該当者がなかった。

 鳥井さんは大樹町出身。幼少期から作文、読書感想文を得意とし、札幌市を拠点とした「黎文学会」に25年間所属。農村や地域をテーマとする作品が多く、これまでに日本農民文学賞、帯広市民文芸賞などを受賞している。

 授賞式は26日午後1時半から、帯広市内の北海道ホテルで開かれる。(牧内奏)

文化賞・鳥井綾子さん(76)
 「家族の理解があってここまで続けられた」と周りに感謝する。

 大樹町出身。読書家の母の影響で自身も“本の虫”に。幼少期から作文や読書感想文を得意とし、大樹高校在学中に文芸部を立ち上げて小説を書き始めた。

 卒業後は児童文学誌「繭」同人の後、札幌市を拠点とした詩と創作の会「黎文学会」に1978年から25年間所属。

 78年に小説で帯広市民文芸賞、2005年からは「地上文学賞」(家の光協会)の佳作賞をたびたび受賞している。

 大樹町内で商店を切り盛りし、2人の子を育てながら夜な夜な書いた時期もあった。創作は「自分のためにやってきただけ」と言い、今回の受賞を少し戸惑いつつも「子どもたちが『(執筆に励む)お母さんの後ろ姿を見てきた。努力してるのを知っているよ』と言ってくれるのはうれしい」とほほ笑む。

 約10年前から短歌結社「樹樹社」に所属しているほか、芽室町民文芸の編集委員や十勝毎日新聞社の文芸公募「郷土作家アンソロジー」で選考委員を務める。今後は老いをテーマにした作品に取り組むつもりで、「創作活動は今では体の一部。生きがいになっている」と話した。



幅広い世代が活躍する劇団パズル(第18回公演「十一匹のネコ!令和決定版」の一場面。2021年5月)

奨励賞・劇団パズル
 親と子のミュージカル「劇団パズル」は、今年で活動20周年を迎える。親の会代表の山田圭介さんは「今までの積み重ねが認められてうれしい」と喜ぶ。

 帯広西親子劇場の子どもたちを中心にミュージカル専門の劇団として2002年に結成。旗揚げ慰問公演「夢から覚めた夢」からほぼ毎年公演を行ってきた。現在は、十勝管内の小学生から大人まで団員23人が在籍。OB・OGら約20人が運営をサポートする。

 コロナ禍ではマスクを着けて、練習時間をずらすなど工夫しながら打ち込んできた。

 4月2、3日には帯広市民文化ホールで創立20周年記念公演「風の丘のルルー」を開催する。山田さんは「歴史を絶やすことがないよう、これからも活動を続けていきたい」と意気込みを語った。

更新情報

生徒ら畑でヒマワリアートに挑戦 更別農業高 来月上旬に完成

紙面イメージ

紙面イメージ

8.14(日)の紙面

ダウンロード一括(63MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME