十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

朝日に輝く「氷の橋」完成 大津海岸でジュエリーアイスアートの集大成

村中さんが手掛けた今シーズン最後のジュエリーアイス・アート。アーチ構造の氷塊と日の出がコラボレーションした(26日午前6時15分ごろ、浦島久さん撮影)

 【豊頃】幕別町の彫刻家村中鉄也さん(50)が26日早朝、豊頃町の大津海岸に打ち上がる氷塊「ジュエリーアイス」を使って氷の橋を完成させた。

 「ジュエリーアイス・アート」と呼ばれるこの芸術作品は、ジュエリーアイスの名付け親で町観光大使を務める浦島久さん(69)の提案がきっかけ。村中さんは昨年12月19日から現地に通い詰め、氷を拾い集めてさまざまな芸術作品を生み出してきた。今回がシーズン最後、11作品目となる。

 制作時間は約4時間。氷のブロックを15個ほど組み合わせ、橋の間から昇る朝日が幻想的な空間を醸し出している。村中さんは「これまで氷が薄かったりして思うようにできなかったが、最後に作れて良かった」とし、浦島さんは「僕が思い描いていたアーチそのもの。村中さんの情熱と作品の出来栄えに感動した」と話していた。(小縣大輝)

関連写真

  • 村中さん(奥)が手掛けた今シーズン最後のジュエリーアイス・アート。アーチ構造の氷塊と日の出がコラボレーションした(26日午前6時15分ごろ、浦島久さん撮影)

    村中さん(奥)が手掛けた今シーズン最後のジュエリーアイス・アート。アーチ構造の氷塊と日の出がコラボレーションした(26日午前6時15分ごろ、浦島久さん撮影)

  • 村中さん(左)が手掛けた今シーズン最後のジュエリーアイス・アート。アーチ構造の氷塊と日の出がコラボレーションした(26日午前6時15分ごろ、浦島久さん撮影)

    村中さん(左)が手掛けた今シーズン最後のジュエリーアイス・アート。アーチ構造の氷塊と日の出がコラボレーションした(26日午前6時15分ごろ、浦島久さん撮影)

更新情報

JR芽室駅前のサンタランドツリーが点灯 芽室

紙面イメージ

紙面イメージ

12.5(月)の紙面

ダウンロード一括(118MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME