十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

「良いレースだった」「お疲れさま」 郷選手へ応援の声

 北京五輪のスピードスケート女子500メートルで15位でレースを終えた郷亜里砂選手(34)=イヨテツク-山梨学院大、白樺学園高出=に応援とねぎらいの声が聞かれた。

 開会式で日本選手団旗手の大役も務めた郷選手。父季良さん(62)は、別海町内のPV会場から思いを送った。レースから1時間後、郷選手から「今の精いっぱいのスケーティングでした。全部出し切った」と電話があり、季良さんは「長い間ご苦労さま。良いレースだったよ」と優しくねぎらいの言葉を送った。

 白樺学園高スピードスケート部で共に活動した帯広市の川道(旧姓松田)有幾さん(34)もテレビ越しに応援。「亜里砂は高校時代から周囲に好かれるムードメーカー。レース後、同級生のラインには『良いレースだったね』とみんながすぐにメッセージを寄せていた。お疲れさまと声を掛けてあげたい気持ち」と話していた。(新井拓海)

更新情報

日勝峠通行止め続く 大雨による影響 復旧の見通し立たず

紙面イメージ

紙面イメージ

8.17(水)の紙面

ダウンロード一括(76MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME