十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

帯広第一病院クラスター、救急医療に支障なし

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した帯広第一病院が、救急患者受け入れを一時休止している状況を受け、心配されるのが救急医療の体制。帯広市医師会の稲葉秀一会長は、「他の医療機関でバックアップできる体制が整っている」とし、市民の命と暮らしを守る救急医療に影響が無い点を強調する。

 帯広市内の2次救急医療(手術や入院が必要な重症患者に対応する救急医療)は、帯広厚生病院...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

佐々木・秋本組同校対決制す、女子は瀬戸・柴田組連覇 帯広市中体連春季ソフトテニス

紙面イメージ

紙面イメージ

5.24(火)の紙面

ダウンロード一括(67MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME