十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

湖上にテント満開 糠平湖のワカサギ釣り解禁

設営したテントの中でワカサギ釣りを楽しむ愛好者

 【上士幌】糠平湖の「ワカサギ釣り」が6日に解禁され、3連休に入り、にぎわっている。厳冬の中、氷上に色とりどりのテントが並び、防寒着姿の釣り人たちが、氷に開けた丸い穴に釣り糸を垂らして楽しんでいる。

 NPOひがし大雪自然ガイドセンター(上士幌町)代表理事の河田充さんによると、8日は通常より多い約200人が訪れた。現在の氷の厚さは約20センチ、釣れるワカサギは7~8センチと小ぶりが多く、1人当たり平均で20匹、中には250匹釣る人もいる。

 9日も昼近くには多くのテントが張られ、釣りを楽しむ光景が見られた。帯広から訪れた会社役員の清水貴之さんは「例年来ている。小刻みによく釣れる感覚が面白い」と、笑顔でリールを巻き上げていた。

色とりどりのテントが並ぶ湖畔

 氷の張り具合にもよるが、3月上旬まで楽しめる。河田さんは「滑りやすいので防寒靴が必要」と注意を呼び掛けている。釣魚料は1日券600円。問い合わせは、同センター(01564・4・2261)へ。

 管内のワカサギ釣りは大樹町晩成ホロカヤントーが先月31日、新得サホロ湖では今月10日に解禁となった。(大健太郎)

更新情報

士幌の「えんどう畜産」が食育伝える動画を作製 「生産者の気持ちを知って」

紙面イメージ

紙面イメージ

5.20(金)の紙面

ダウンロード一括(132MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME