十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

中世ロココ調・高級コテージ完成、温泉施設も着工 中札内フェーリエンドルフ

豪華な照明やこだわりの調度品に囲まれた室内。右から「そら」の林佑太取締役COO、西麻衣子取締役(18日午前9時ごろ、小山田竜士撮影)

 【中札内】地方創生ベンチャー・そら(帯広市、米田健史社長)は、グループ化したグランピングリゾート・フェーリエンドルフの再整備を着々と進めている。18日には新築の高級コテージ1棟が完成し公開されたほか、温泉施設(スパ)の地鎮祭も行われた。

 同社はキャピタル・ゼンリン(帯広市)を昨年子会社化。管理するコテージ約50棟を全面リニューアルして4月から営業を開始した。

 新コテージは3棟を建設する計画。名称「プリンセススイート」で木造平屋154平方メートル。中世ヨーロッパのロココ調をイメージした設計で、調度品もそろえた。特に家具などは海外から輸入。ベッドルームだけで3室、ダイニングやリビングなどもゆったりした広さとなっている。

外観は淡いピンク色

 同社によると、新設1棟の事業費は1億円。1泊4人2食付きで15万円程度(時期によって変動)、稼働は12月からを予定、すでに宿泊予約は受け付けている(0155・68・3301)。2棟目はプリンセスの1・3倍の大きさで、来年4月稼働を目指している。

 温泉施設は平屋約800平方メートル。浴室やサウナ、露天風呂などを設け、来年7月完成予定。源泉の提供先は最終調整中。地鎮祭には石川香織衆院議員も参列。米田社長がくわ入れ、施工の萩原建設工業の萩原一利社長がすき入れを行った。

 米田社長は「コテージの概念を打ち崩し、他施設との差別化を図る。滞在時間を延ばすことに寄与し、創業から掲げる十勝の地域内総生産を高めたい」と話した。(佐藤いづみ)

関連動画

  • 中世ロココ調・高級コテージ完成、温泉施設も着工 中札内フェーリエンドルフ

関連写真

  • 豪華な照明やこだわりの調度品に囲まれた室内。写真左から林佑太取締役COO、西麻衣子取締役(18日午前8時40分ごろ、小山田竜士撮影)

    豪華な照明やこだわりの調度品に囲まれた室内。写真左から林佑太取締役COO、西麻衣子取締役(18日午前8時40分ごろ、小山田竜士撮影)

  • 広々としたキッチンスペース

    広々としたキッチンスペース

  • 開放感のある浴室。内部には1人用のサウナも備える

    開放感のある浴室。内部には1人用のサウナも備える

  • 大型のベッドが置かれた寝室

    大型のベッドが置かれた寝室

更新情報

久保自己新で1000制す、男子は軍司小差の準V 高校総体スケート2日目

紙面イメージ

紙面イメージ

1.19(水)の紙面

ダウンロード一括(73MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME