十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

来たれタンチョウ 帯工高の生徒が十勝川温泉に給餌場設置

デントコーンが入ったバケツをやぐらで囲み、むしろをかぶせる帯工高の生徒(十勝川温泉第一ホテルの前で)

 【音更】帯広工業高校環境土木科の2年生約40人が11日、音更町の十勝川温泉周辺の3カ所に、越冬するタンチョウのための給餌場を設置した。

 餌場が少なくなる冬を前に、市民団体の十勝川中流部市民協働会議(柳川久代表)が2009年から設置。「自然環境のことを考えられる土木技術者になってほしい」との思いから、毎年、同学科の生徒と協力して取り組んでいる。

 生徒たちは十勝川温泉第一ホテル前の河川敷など3カ所に分かれ、餌のデントコーンを入れたバケツを囲む形でやぐらを組み、丁寧にむしろをかぶせていった。

 作業に当たった桜井湊(みなと)さん(16)は「むしろをかぶせるのは難しかったけど、良いものが作れた。元気に過ごすタンチョウの姿が見たい」と話した。(高田晃太郎)

関連写真

  • デントコーンが入ったバケツをやぐらで囲み、むしろをかぶせる帯工高の生徒(十勝川温泉第一ホテルの前で)

    デントコーンが入ったバケツをやぐらで囲み、むしろをかぶせる帯工高の生徒(十勝川温泉第一ホテルの前で)

更新情報

太平洋を望み「整える」 大樹ムービングインがサウナイベント

紙面イメージ

紙面イメージ

1.16(日)の紙面

ダウンロード一括(55MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME