十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ワーホリ参加者が浜の母さんの味堪能 広尾

谷本さん(右)と(左から)浅利さん、酒井さんにちゃんちゃん焼き作りを教える亀田さん

 【広尾】町の「ふるさとワーキングホリデー」に参加した3人の男女が20日、町内の主婦亀田妙子さん(68)の自宅を訪れ、秋サケ料理を学びながら交流を深めた。3人は本場のサケの味に触れ、感激の表情を浮かべていた。

 亀田さん宅を訪問したのは、谷本陸さん(21)=福岡県=、酒井和樹さん(23)=千葉県=、浅利奈那さん(23)=東京都=の3人。町内の企業や酪農家に滞在し、就業しながら地方での暮らしを体験している。

 亀田さんは、いわゆる「浜の母さん」。この日の朝に水揚げされた雌サケを用意し、魚のさばき方や筋子のほぐし方を手ほどきした。

 サケはちゃんちゃん焼きにして試食、亀田さん特製のイクラしょうゆ漬け、タコのマリネなども食卓に並び、3人はおいしいひとときを過ごした。

 谷本さんは「地元で食べるサケは最高。サケをさばくのも面白かった」、酒井さんは「サケの腹にあんなに卵が入っていてビックリ」と笑顔。

 筋子ほぐしを体験した浅利さんは「卵をつぶしてしまいそうで怖かった。イクラは本当においしい」と話していた。亀田さんは「外から若い人がやって来て、交流するのは楽しい」と話していた。

 3人の活動は、実施主体の「広尾町活き生きプロジェクト」のインスタグラムで紹介している。(能勢雄太郎)

関連写真

  • ワーホリ参加者が浜の母さんの味堪能 広尾 2

    ワーホリ参加者が浜の母さんの味堪能 広尾 2

  • ワーホリ参加者が浜の母さんの味堪能 広尾 3

    ワーホリ参加者が浜の母さんの味堪能 広尾 3

  • ワーホリ参加者が浜の母さんの味堪能 広尾 4

    ワーホリ参加者が浜の母さんの味堪能 広尾 4

  • 秋サケ料理を囲み、亀田さん(右から2人目)と談笑するワーキングホリデーの参加者

    秋サケ料理を囲み、亀田さん(右から2人目)と談笑するワーキングホリデーの参加者

更新情報

松本と側が単複2冠 道ジュニアテニス選手権大会道東ブロック予選会

紙面イメージ

紙面イメージ

5.17(火)の紙面

ダウンロード一括(46MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME