十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

帯広に民間初の本格ボルダリングジム 22日オープン 「コミュニティの場に」

世界大会経験者が監修し、幅広い層に対応したコースをPRする新田さんと岡田さん(右から)=小山田竜士撮影

 ボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」が22日、帯広市東2南5にグランドオープンした。世界大会出場経験者が監修、施工し、初心者から上級者まで利用可能。運営者の一人で取締役の新田昌樹さん(32)=帯広=は「帯広で民間初の本格的ジム。ボルダリングを通じ、人が集える拠点にしたい」と話している。

 運営するのは施設と同名の合同会社(帯広市、松村幸司朗代表)。場所は元整備工場跡で約120平方メートル。世界大会にも出場した元選手の伊藤剛史さん(41)=山梨県在住=が、設計・施工を担当した。

 帯広市出身で、函館で飲食店などを経営する松村代表ら3人が「地方から北海道を活性化させたい」と、同社を設立。拠点の新設を検討し、ボルダリングジムに目標を定め、3年前からクラウドファンディングなどを通じ準備を進めてきた。

 ジムは高さ4メートルでパノラマ上に板を設置し、色とりどりのホールド(突起物)をちりばめた。元スピードスケート選手として五輪代表候補にもなった新田さんは「初心者から難易度が高いものまで60ルート以上設定した。何度来ても楽しめる」とPRしている。

 入会金1000円、1日券は大人2000円、割安な月会員や回数券制度などもある。開設記念で年内は特別価格も設定。営業時間は午後3時~同10時。問い合わせは090・6440・9637へ。(佐藤いづみ)

関連写真

  • 帯広に民間初の本格ボルダリングジム 22日オープン 「コミュニティの場に」 2

    帯広に民間初の本格ボルダリングジム 22日オープン 「コミュニティの場に」 2

  • 帯広に民間初の本格ボルダリングジム 22日オープン 「コミュニティの場に」 3

    帯広に民間初の本格ボルダリングジム 22日オープン 「コミュニティの場に」 3

更新情報

新型コロナのクラスター 高齢者施設の経験発表 音更

紙面イメージ

紙面イメージ

12.3(金)の紙面

ダウンロード一括(132MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME