十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

リポートT「池田のブドウ豊作 新規ワイナリーも登場」

 【池田】町ブドウ・ブドウ酒研究所(佐野寛所長)の直営ほ場で栽培しているワイン醸造用のブドウの収量が、昨年の総量を1~2割上回る見通しだ。夏場の日照時間の長さと降水量が少なかった好条件が重なり、生産者も「例年以上の豊作」と口をそろえる。町内で新たにワイナリーが開設されるなどブドウ栽培の機運も高まっている。

 町営ほ場の栽培面積は35ヘクタール。主力3品種のうち「清見」の収穫は9月...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 十勝まきばの家のブドウ畑で笑顔を見せる林会長。販路拡大と消費拡大に向けてワイナリーを開設した

    十勝まきばの家のブドウ畑で笑顔を見せる林会長。販路拡大と消費拡大に向けてワイナリーを開設した

  • 町営ほ場でたわわに実ったブドウ。夏場の高温で豊作となり、昨年を上回る収量が期待される(9月14日、小山田竜士撮影)

    町営ほ場でたわわに実ったブドウ。夏場の高温で豊作となり、昨年を上回る収量が期待される(9月14日、小山田竜士撮影)

  • ワインの仕込み作業。仕込み総量は400~450トンとなる見通し(9月15日)

    ワインの仕込み作業。仕込み総量は400~450トンとなる見通し(9月15日)

更新情報

新型コロナのクラスター 高齢者施設の経験発表 音更

紙面イメージ

紙面イメージ

12.3(金)の紙面

ダウンロード一括(132MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME