十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

スパカツが人気の「レストラン大和」31日閉店 浦幌

 【浦幌】「スパゲティカツレツ(スパカツ)」を売りに町内で42年にわたって営業を続けてきた「レストラン大和(だいわ)」(町幸町)が31日に閉店する。新型コロナウイルスの影響による経営悪化が主な理由。スパカツを生んだ釧路市内の洋食店「泉屋」で修業を積み、地元に戻ってその味を広めた店主の稲垣和幸さん(70)=浦幌小、浦幌中卒=は「『おいしかった』の一言に励まされ、続けてこられた」と話している。


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 42年の歴史に幕を閉じる「レストラン大和」の前に集まる従業員。右が店主の稲垣さん

    42年の歴史に幕を閉じる「レストラン大和」の前に集まる従業員。右が店主の稲垣さん

更新情報

ワーホリ参加者が浜の母さんの味堪能 広尾

紙面イメージ

紙面イメージ

10.22(金)の紙面

ダウンロード一括(113MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME