十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

帯広少年院 閉庁前最後のイモ掘り体験

 今年度で閉庁する帯広少年院(曽和浩院長)の農場に1日、隣接するさくら保育園の園児が訪れ、大きく実ったジャガイモの収穫を楽しんだ。

 少年院の取り組みを地域に発信し、その存在意義について理解を深めてもらおうと、同少年院が2017年から行ってきた。閉庁に伴い、今回で最後の収穫体験となる。農場では、9月までに在院していた少年らが春にジャガイモを植え、管理を続けていた。

...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 収穫を喜ぶ園児ら

    収穫を喜ぶ園児ら

  • 収穫に臨む園児ら

    収穫に臨む園児ら

  • 収穫に臨む園児ら

    収穫に臨む園児ら

  • 収穫に臨む園児

    収穫に臨む園児

  • 収穫に臨む園児ら

    収穫に臨む園児ら

更新情報

長女玲さんの直筆手紙を展示 音更 伊福部昭音楽資料室

紙面イメージ

紙面イメージ

12.6(月)の紙面

ダウンロード一括(91MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME