十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

身近な川は学びの場 帯広豊成小が来年の全国大会で取り組み発表

 古里の川に親しみを持ってもらおうと、帯広豊成小学校(岸梅哲郎校長)が、すぐそばの機関庫の川をフィールドにした環境学習に力を入れている。8月26日は地域住民の力を借り、3年生40人がザリガニなどの生き物採集に取り組んだ。同校は来年度に延期された全国河川教育実践事例発表会十勝大会で、全国の教員に向けて公開授業を行う。

 同校は1年生から川遊びなどで川に親しみ、3年生以上は理科や社会...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 機関庫の川で魚やザリガニを探す帯広豊成小の児童。中央後ろが石垣さん

    機関庫の川で魚やザリガニを探す帯広豊成小の児童。中央後ろが石垣さん

更新情報

十勝勢表彰台独占 高木美帆3000大会新V、押切2位、菜那3位 男子500は村上3位 全日本スピードスケート距離別選手権

紙面イメージ

紙面イメージ

10.22(金)の紙面

ダウンロード一括(113MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME