十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

夏春連続の聖地へ、甲子園で健闘の帯農新チーム始動 新主将に清水椋太

 高校野球の第103回全国選手権(阪神甲子園球場)に北北海道代表として出場し健闘した帯農が20日、同校グラウンドで新チームの練習をスタートした。始動が他校より遅くなり、さらにコロナ禍で対外試合ができず練習時間も限定される中、清水椋太(りょうた)新主将は(2年)は「3年連続で(秋の)道大会に出場し、選抜大会に出られるよう頑張りたい」と夏春連続の“聖地”へ意気込む。(岡部彰広)

 ハン...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • グラウンドでの最初のミーティング。清水椋太新主将(中央)の掛け声で練習が始まった

    グラウンドでの最初のミーティング。清水椋太新主将(中央)の掛け声で練習が始まった

更新情報

遠景近景(50)「雌阿寒岳冠雪  足寄」

紙面イメージ

紙面イメージ

10.23(土)の紙面

ダウンロード一括(70MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME