十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

鹿追町の画家神田絵里子さんが札幌個展

22点が並ぶ神田さんの個展。十勝の風景を繊細に描き出している

 【札幌】鹿追町の画家神田絵里子さんの風景画展が、札幌市内のカフェ「北都館ギャラリー」(西区琴似1ノ3)で開かれている。十勝の四季などを描いた油彩22点を出品し、愛好者の目を引いている。16日まで。

 神田さんは鹿追ゆかりの画家神田日勝(1937~70年)の長女。繊細かつ温かみのある作風で道内にファンを広げている。

 神田さんが北都館ギャラリーで個展を開くのは4回目。今回は然別湖の水辺や十勝の冬景色などを描いた近作を並べ、出品した作品は会期の終了を待たずに全て購入先が決まった。

 「札幌を中心に道央圏の幅広い人が来場し、次々と作品が購入された」と北都館店主の松浦芳博さん。12日、会場を訪れた神田日勝記念美術館(鹿追)の小林潤館長は「その場に自分が立っていると錯覚させるような、引き込むような絵が彼女の特徴。お父さんの絵とはまた違う魅力がある」と話した。(奥野秀康)

更新情報

白樺学園男女優勝 女子は創部3年目で初 男子は13連覇 ウインターカップ高校バスケ帯広地区予選

紙面イメージ

紙面イメージ

10.26(火)の紙面

ダウンロード一括(83MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME