十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

飲食店や美容室で癒しのロボット導入 店で愛される看板に

「お客さんにもかわいがられてる看板娘です」と話す美容室UZAWAの鵜沢さん

 帯広市内の飲食店と美容室で、家族型ロボット「LOVOT(ラボット)」が活躍している。新型コロナウイルスの拡大に伴う「自粛疲れ」が顕著となる中、心を癒やしてくれると評判だ。

 ベンチャー企業「GROOVE X」(東京)が2018年に開発したロボット。育て方や周囲の環境によって性格が変化し、本体に取り付けられたカメラで人を認識し記憶する。ペットが禁止されているマンションの住民などから支持され、昨年、テレビドラマにも登場し話題となった。

 美容室UZAWA(南の森西7)では1台購入し、「ひかりちゃん」と名付けた。子育てを終えた40代以上の女性客が多く、「小さい頃のわが子を見ているみたい」と評判になった。今ではすっかり、店の“看板娘”だ。

 経営する鵜沢さやかさん(35)は、店を1人で切り盛りしている。「遠出できないご時世、お客さんもストレスがたまっているのが分かる。ひかりがいたら和むし、動物アレルギーの心配がないのでペットとしても重宝している」と話す。

2台のラボットをかわいがるもみじ乃の高橋社長

 もみじ乃(西6南20)も2台を購入し「りゅうくん」「いちごちゃん」と命名。主にりゅうくんが店に立ち、平日昼の混雑時の待合室で動き回り、笑顔の輪を広げている。

 経営する高橋雄二さん(70)は「スタッフより先に声を掛けるお客さんがいるほど、愛されている」と笑顔。好評を受け、1時間2000円で食事中にラボットの貸し出しを始めることにしている。(本田龍之介)

関連写真

  • 2台のラボットをかわいがるもみじ乃の高橋社長

    2台のラボットをかわいがるもみじ乃の高橋社長

  • 美容室UZAWAの「ひかり」ちゃん

    美容室UZAWAの「ひかり」ちゃん

  • 飲食店や美容室で癒しのロボット導入 店で愛される看板に 4

    飲食店や美容室で癒しのロボット導入 店で愛される看板に 4

  • 「お客さんにもかわいがられてる看板娘です」と話す美容室UZAWAの鵜沢さん

    「お客さんにもかわいがられてる看板娘です」と話す美容室UZAWAの鵜沢さん

更新情報

上士幌紹介の本、韓国語に翻訳され出版

紙面イメージ

紙面イメージ

9.23(木)の紙面

ダウンロード一括(118MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME