十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

「光の彫刻」など90点 イサム・ノグチ展 東京美術館

 20世紀を代表する芸術家イサム・ノグチ(1904~88年)の作品を集めた展覧会「イサム・ノグチ 発見の道」が、東京都美術館で開かれている。約90点の彫刻作品を通し、「彫刻とは何か」を追求した創造の軌跡をたどっている。

 イサム・ノグチは日本人の父とアメリカ人の母を持ち、アイデンティティーの葛藤に苦しみながら、独自の彫刻哲学を打ち立てた。札幌のモエレ沼公園の基本設計でも知られる。<...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

バスケ松田鋼季「がんがん攻めたい」米国プロバスケ独立リーグで長年活躍

紙面イメージ

紙面イメージ

9.27(月)の紙面

ダウンロード一括(97MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME