十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

広尾漁協のエゾバイツブ漁スタート

十勝港に今季初水揚げされたエゾバイツブ(9日午前7時50分ごろ)

 【広尾】広尾漁協(亀田元教組合長)のエゾバイツブ漁が9日始まった。広尾町の十勝港には、操業する7隻が午前7時半すぎに次々と帰港し、かごいっぱいのツブ貝を市場へ初水揚げした。漁期は9月末まで。

 エゾバイツブは道内で主に水揚げされる小型のツブ貝。同漁協エゾバイツブ篭(かご)漁業部会(関下啓史郎部会長)は2009年から増養殖や資源管理に取り組み、全国に出荷している。昨年の水揚げは42・5トン。

 この日は漁船が午前4時ごろ出港。沖合の水深30メートルほどの海中に前日仕掛けたかごを引き揚げ、帰港した。初日の漁獲量は800キロと昨年とほぼ同じだった。1キロ当たりの平均価格は325円で昨年より140円ほど安かった。

 関下部会長は「量は十分あり、ツブの大きさは52~53ミリでまあまあ。コロナ禍で外食の需要は厳しいが、だしが出て身も軟らかいエゾバイツブをぜひ食べてほしい」と話していた。(松村智裕)

関連動画

  • 広尾漁協のエゾバイツブ漁スタート

関連写真

  • 十勝港に今季初水揚げされたエゾバイツブ(9日午前7時50分ごろ)

    十勝港に今季初水揚げされたエゾバイツブ(9日午前7時50分ごろ)

  • 十勝港に今季初水揚げされたエゾバイツブ(9日午前7時50分ごろ)

    十勝港に今季初水揚げされたエゾバイツブ(9日午前7時50分ごろ)

更新情報

夏休みにタブレット端末を持ち帰り 家庭学習に活用 中札内上札内小

紙面イメージ

紙面イメージ

7.23(金)の紙面

ダウンロード一括(96MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年7月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME