十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

雪印メグミルク大樹工場がさけるチーズ増産へ 70億円を投資

さけるチーズの生産ラインを増設する雪印メグミルク大樹工場

 【大樹】雪印メグミルク(東京、西尾啓治社長)は、ナチュラルチーズの基幹工場となっている大樹工場(大樹町緑町35、和泉洋工場長)で、「さけるチーズ」の生産ラインを増設する。投資額は70億円。6月に着工し、2023年4月の稼働を予定している。

 13日の21年3月期決算説明会で公表した。

 コロナ禍による巣ごもり需要を受け、家庭用ナチュラルチーズの売り上げは好調に推移。さけるチーズは同社の主力商品で、大樹工場は3種類を生産、最も需要があるプレーン味は同工場が製造を担っている。13年にも増産目的で新棟を建設(68億円を投入)しており、さらなる生産体制の強化を図る。

 同社は「中長期的に生産体制を強化する」としている。さけるチーズの26年度の売上高は17年度比4割増を見込んでいる。

 大樹工場では昨年6月、カマンベールチーズの増産を目的に、約70億円を投入して新棟の建築工事に着手。同棟は来年7月に稼働する予定。現在の従業員数は345人(派遣社員含む)で、大樹、広尾両町から原料になる生乳を受け入れている。(松村智裕)

更新情報

飼料サイロで手作りサウナ 清水旭山の三島さん

紙面イメージ

紙面イメージ

10.16(土)の紙面

ダウンロード一括(65MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME