十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ZEROロケット開発前進、実推進剤タンクを試作 IST

試作した実機サイズの推進剤タンク。左はゼロの実物大バルーン(インターステラテクノロジズ提供)

 【大樹】町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は、人工衛星軌道投入用ロケット「ZERO(ゼロ)」の開発を着々と進めている。実機サイズの推進剤タンクを初めて試作、目標の2023年度打ち上げに照準を定めている。

 ISTは19年、観測ロケット「MOMO(モモ)」を打ち上げ、民間単独として国内では初めて宇宙空間に到達した。ゼロの打ち上げで、超小型衛星市場への参入を目指す。

 推進剤タンクの試作は、経済産業省の宇宙産業技術情報基盤整備研究開発事業の一環。同事業は15年から受託し、ロケットの推進剤を噴射するインジェクターやエンジンに燃料を送るターボポンプなどの研究・開発を進めてきた。

 今回は2段式ロケットとなるゼロの2段目のタンクを試作。実際の使用を想定し、直径170センチ、高さ85センチのタンクをアルミ素材で設計・製造した。ゼロの全長は約23メートルとモモ(約10メートル)を大きく上回り、推進剤タンクの直径もモモの3・4倍に及ぶ。

 ISTは昨年12月に新工場が完成。社員は60人にまで増え、開発のピッチを上げている。同社は「製造工程での課題も抽出することができた。実機に向けて推進剤タンクの設計改良や、量産化を見据えた製造技術の開発を進めたい」としている。(松村智裕)

関連写真

  • 試作した実機サイズの推進剤タンク。左はゼロの実物大バルーン(インターステラテクノロジズ提供)

    試作した実機サイズの推進剤タンク。左はゼロの実物大バルーン(インターステラテクノロジズ提供)

更新情報

飲食店や美容室で癒しのロボット導入 店で愛される看板に

紙面イメージ

紙面イメージ

8.3(火)の紙面

ダウンロード一括(75MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME